「色拡大ブラウザ」は、シニア世代(中年世代、お年寄り)方々が日本語ホームページの文字を拡大して読むためのアプリです。インターネットのホームページを読むためのルーペや拡大鏡、虫眼鏡のような文字拡大のための便利なツールとして利用できるアプリです。 タブレットのiPad向けや、スマートフォン(スマホ)のiPhone向けの人気のある無料アプリの「色拡大ブラウザ」では、自動的に本文のみを抽出する機能も付いていて、情報収集の時間の節約にもなります。 また、日本語ホームページの本文の中の出現頻度の高い単語に色を付ける機能もあります。 出現頻度の高い単語に色が付くことで、その文章の中に何が書いてあるのかを一目で確認することができます。 すなわち、全ての文章を読まなくても、色の付いている単語を概観するだけで、その文章に何が書いてあるのかを短時間で知ることも可能です。 文字が小さいため、ホームページの中で読みたい中心部分である本文を探しだすだけでも、シニア世代(高齢者、年配者)やシルバー世代(老人)や中高年の方々にとってはとても大変です。 ルーペや拡大鏡、虫眼鏡のようなアプリが、インターネットのホームページを読むためのブラウザにも必要とされてきています。 ワンタッチで、ホームページの中の本文のみを自動的に抽出できるので、本文を探す手間が省けます。 従来からあるブラウザでは、シニア世代(高齢者、年配者)が小さい文字で書かれたホームページを読むのに適しているとは必ずしも言えません。 年配者の声を聞くと、文字が固定サイズで大きい状態になっていて欲しいと思われています。 でも、現在のホームページでは文書量が多いため、全体を表示すると本文を探しにくくなるという問題もあります。 これに対して、タブレットのiPad向けや、スマートフォン(スマホ)のiPhone向けの人気のある無料アプリの「色拡大ブラウザ」を使えば、自動的に本文を抽出して、その部分のみをピンポイントで拡大するので、年配者には大変便利です。

日本語のホームページの場合には、広告や様々なリンクなどがあり本当に読みたい本文がどこにあるのか分かりにくい場合もあります。 特にシニア世代(高齢者、年配者)やシルバー世代(老人)や中高年の方の場合には、スマートフォンやタブレットPCなどの場合には文字が小さく読みにくい場合もあります。 ピンチで拡大するにしても、その操作が意外とシニア世代(高齢者、年配者)やシルバー世代(老人)や中高年の方々には、やりにくいことも多いです。 また、ピンチで拡大しても文字が動いてしまったりするので、操作がやりにくく使いにくいという声も聞きます。 「色拡大ブラウザ」を使えば、本文を自動的に抽出する本文自動抽出ができ、しかもその文字をシニア世代でも十分に読めるサイズに自動的に拡大します。 これにより、シニア(高齢者、年配者、シルバー世代)の方々が毎回文字をピンチで拡大して読むような手間がなくなるので、大変助かります。 最近では、タブレットのiPad向けや、スマートフォン(スマホ)のiPhone向けの人気のある無料アプリの「拡大鏡やルーペ、虫眼鏡」のようなシニア向けのアプリが色々と流行っています。 シニア(高齢者、年配者、シルバー世代)の場合には、老眼鏡が必要になるときがよくあります。 すなわち、近くが見えにくく、新聞や雑誌などの小さな文字を読む場合には、ルーペのような拡大鏡や、虫眼鏡のように文字を大きくするツールが必要です。 インターネットのホームページを読む場合にも、スマートフォンやタブレット端末などの場合には、画面サイズが小さいため、なかなか文字が読めなくて困る場合が多いのです。 若い人達には分からないのですが、老眼の場合にはルーペや拡大鏡、虫眼鏡といった道具がないととても文字が読みづらい場合が多いのです。 私たちの身の回りにいるお父さんやお母さん、おじいさん、おばあさんの中にも、新聞や雑誌を読むのにルーペや拡大鏡、老眼鏡、虫眼鏡などの文字を拡大する道具やアプリを使っている人が沢山いると思います。 このような状況の中で、インターネットのホームページの文字は依然として小さく、シニア世代(高齢者、年配者)にはとても読みづらい場合が多いのです。

現在の電子書籍端末などでは、文字サイズが固定できる機能が付いています。 電子書籍の場合には、広告やリンクといった本文には直接的に関係ない情報が載せていないため、文字サイズを固定しても特に問題が生じません。 インターネットのホームページには、基本的に広告やリンクが載る場合が多いです。 特に、ニュースサイトなどの新聞などの記事を載せているサイトでは、広告収入によって運営されている場合が多いため、広告を取り除くことができません。 また、インターネットのホームページでは、リンクを多数付けて、様々なページにジャンプできることが魅力の一つなので、リンクも除くことはできないことがほとんどです。 このため、一つのページの中に、広告やリンクなどの付加的な情報が数多く載せてある状態になります。 このようなページの制約から、インターネットのホームページでは、本当に人間が見たときに読みたいと思う本文が、小さく、情報量としても、ページ内のごく一部という場合も多々あります。 しかし、シニア世代や年配者、お年寄り世代の方々が日本語ホームページを読む場合には、一つのページ内のどこがメインの読みたい本文なのかを知ることすら難しい場合もあるのです。 これは、シニアに限ったことではなく、小学生、高校生、大学生などの学生や若者にとっても、情報収集に使う時間を増大させることにもつながっています。 実際にタブレットのiPad向けや、スマートフォン(スマホ)のiPhone向けの人気のある無料アプリの「色拡大ブラウザ」を使ってみると、一般の大人でも文字が読みやすくて楽だと感じると思います。 タブレットのiPad向けや、スマートフォン(スマホ)のiPhone向けの人気のある無料アプリの「色拡大ブラウザ」は、ブラウザの世界におけるルーペや拡大鏡、虫眼鏡のような道具として利用できます。 また、本文内の主要な単語に色が付くので、シニア世代(高齢者、年配者)やシルバー世代(老人)や中高年の方々が全体を読む場合にも、読みやすさが増すことが実感できるはずです。

現代では、情報収集の時間をいかに節約するかが重要になってきています。 情報過多の時代で、情報がありすぎるため、かえって必要な情報がうまく集めきれないなどの問題もあります。 毎日読むべきニュースや雑誌などの情報も多く、シニア世代(高齢者、年配者)やシルバー世代(老人)や中高年の方には、なかなか本当に必要な情報が収集できないなどの声も聞きます。 このような中で、一つのページを読む場合も、どれだけ短時間で文章を読めるかが情報収集の時間の節約に影響を与えるようになってきています。 色拡大ブラウザを使えば、本文のみを自動的に抽出して、重要な単語のみに色が付くので、一つのページ内の文章を読む時間が大幅に短縮できることにつながります。 このアプリは、単に従来からあるルーペや拡大鏡、虫眼鏡アプリなどのソフトとは異なり、インターネットのホームページの中身を拡大することに特徴があります。 確かに、ピンチなどの機能を使えば文字は拡大できます。 しかし、実際に頻繁にピンチを使って文字を拡大し、スクロールしながら文章を読んでみると分かりますが、大変に疲れます。 特に、シニア世代などのお年寄りの方々にiPhoneやiPadなどを操作しながら、ピンチで文字を拡大し、画面スクロールをしながらインターネットのホームページを読んでもらうと、とてもやりにくく、どこを読んでいるのかが分からないなどの声も聞きます。 iPhoneやiPad、iPodなどの画面の文字拡大機能は、ほんの少しの文字拡大操作をするだけならとても便利です。 しかし、ホームページを読むのに頻繁にピンチとスクロールを使うという使い方には適しているとは言えません。 このため、ピンチ操作で、文字が拡大できたとしても、シニア世代(高齢者、年配者)にはうまく使えないという場合もあるのです。 これは、若者や一般の社会人などの健常者などにはわからないことです。

シニア世代が求めているのは、文字サイズが固定されていて、本文のみがしっかりと読めることだと思います。 重要な単語に色が付く機能を持っている「色拡大ブラウザ」を使えば、重要な単語を簡単に知ることができるので、全ての文章を読まなくても、中身がどのような内容について書かれているのかを簡単に知ることができます。 すなわち、重要単語のみを眺めるだけで、文章全体を読む必要があるのかを短時間で判断することが可能です。 今までのルーペ、拡大鏡、虫眼鏡というようなアプリとは全く違う発想で作られた文字拡大ツールです。 でも、色拡大ブラウザが目指している目標としては、従来からあるルーペや拡大鏡、虫眼鏡アプリが目標としているシニア世代が見えにくいものを見やすくするというコンセプトについては、同じであるとも言えます。 シニア世代からみれば、単純に文字を拡大する機能を持つ「拡大鏡やルーペ、虫眼鏡」のアプリでも、色拡大ブラウザでも、文字を大きくして情報を自分たちが簡単に取得できるようにするという意味では、同じ働きをするとも言えます。 ルーペや拡大鏡、虫眼鏡アプリとは、中身は異なりますが、シニア世代(高齢者、年配者)やシルバー世代(老人)や中高年の人達が読みにくかった小さい文字を拡大して読めるようにするという本質的な意味では、同じ働きをさせることが可能なアプリになっていると思います。

最近では、iPhoneなどの小さい画面で読むために、インターネットのホームページを専用のスマートフォンなどの画面用にカスタマイズしたホームページを用意するサイトも増えてきています。 でも、まだその数は少なく、パソコンで読むことを前提にしてホームページの構成や文字サイズを決めているサイトが多いのも事実です。 このため、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンなどの画面が小さいコンピュータで読もうとすると、かなり文字サイズが小さく、若者や一般の大人が読もうと思っても、虫眼鏡やルーペ、拡大鏡などがないと読みにくいWebページも多数あります。 このような中で、シニア世代(高齢者、年配者)やシルバー世代(老人)や中高年の方々がこのような画面の小さいコンピュータを使ってインターネットのホームページを読もうとすると、かなりの困難な状況があることは容易に想像できると思います。 実際、シニアや年配者、お年寄り世代の方々にiPhoneやAndroid端末を使って、日本語ホームページを読んでもらうと、リアル世界のルーペや拡大鏡、虫眼鏡などを取り出してきて、中身を読もうとするのが普通の状況だと思います。 でも、せっかくiPhoneやAndroidなどのスマートフォンや、iPadなどのタブレット端末(タブレットPC)などを使っているのですから、その機能を使って、文字を拡大して読みやすくなる方がよいと誰でも思うと思います。 色拡大ブラウザと呼ぶアプリを使えば、そのような場合に、虫眼鏡やルーペ、拡大鏡などを使うことなしに、シニア世代(高齢者、年配者)がインターネットのホームページをとても快適に読むことができるようになると思います。

シニアにおすすめなのは音声合成アプリの音声ブラウザもあります。 音声合成アプリとしては、様々なものがありますが、音声ブラウザの特徴としてはブラウザ形式になっているため、様々な日本語ホームページが自由に音声読み上げできる点が挙げられます。 iOSの機能としては、音声読み上げの機能も標準で搭載されているのですが、実際に試してみると少しアクセントやイントネーションの点で聞きにくい点があります。 これに対して音声合成アプリの音声ブラウザでは、人間に近いアクセントやイントネーションの点で優れているのが特徴です。 実際に聞き比べてみると分かるのですが、かなり自然な人間に近いアクセントやイントネーションを実現できているので長時間に渡って音声を聞いても疲れないと思います。 iPhoneやiPadといったスマートフォン(スマホ)やタブレットPCにおいて利用できる音声合成アプリとしては、音声ブラウザが人気でお薦めできます。